今回気になったトピはママ友トラブル。ある日、近所のママ友がやってきます。旦那が風邪を引いたので、スポーツドリンク、鎮痛剤、冷却枕ある?と。

image loading…

家にあったドリンクと鎮痛剤を渡します。その後、トピ主の旦那さんが車でスーパーに行こうとしたとき、ちょうどそのママ友に会います。「なんか買ってくるものありますか?」と声をかけると、メモを渡されました。ざっと2500円相当。品物を届けるとママ友から1万円を渡されますがお釣りがありません。なので「お金は今は大丈夫ですよ」と品物だけを置いて帰ります。

数日後、ママ友がこう言いました。「こないだはありがとうね。いい旦那さんね。お金もいいって言ってくれて」と。はて? このママ友はケチなのか?

もうね、この程度の話が一番好き。「ちょっと聞いてよぉ」「災難だったねぇ」。この程度が。

「発言小町」は読んでて面白い時と、つらい時があります。トピ主さんがズレてると思える時があるんですね。その時が辛いです。

いたって普通の出来事に、「自分は被害者だー!」「相手が間違ってるー!」と長々、つらつら、もう文章が煮えたぎっている時。怖いです。正直、こんな人に会いたくないです。何で逆恨みされるかわからないから。そして、そういう時のトピへの反応もこれまた怖いです。いろんな人が「あなたが間違ってるー!!」を、手を替え品を替え伝えるんですね。もう、サンドバッグになっちゃってるよ、となるまで。苦しい。いや、私もそう思ったけどぉ……。

せめて、ここの中だけは、争わないで、傷をめ合う場であればよくない?と思います。今回のトピは災難ですが、反応も含め平和で好きです。

光浦靖子(みつうら・やすこ) タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの大久保佳代子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組などに多数出演するほか、趣味の手芸で個展を開くなど多方面で活躍。

無断転載・複製を禁じます